癒しのフォト・・・本当なんだ

「さちえさん、スキップするから撮ってください!」


普段は静止した人しか写さないわたしに、突然のリクエストが。

自分が講師をつとめる、スマホ写真教室でのひとコマ。



「まって~!動く人どうやって撮るんだっけ~~?!」


なんて焦りながら、何とか撮った一枚。



はて?

彼女はどうして突然スキップがしたくなったのだろう?


ご本人いわく、「思い付き」とのこと。



でも、わかるんですよ。


心が解放されているからだっていうことが。

「癒し」って、本来の自分にもどるプロセス。

わたしはそう捉えている。


写真を介した癒しが、本来の自分らしさを解放する。

それがフォトセラピー。


スマホ写真教室にも、フォトセラピーのエッセンスが生きています。


みんなで「写真」というものでつながり創造する時間。
自然と起こる癒し。

教室が終わったその夜、彼女からの短いメッセージが。


「癒しのフォト・・・本当なんだ」



個性をオープンにして生きることに向かう時、癒しを通過する体験も時に重要なものなのです。


「自分らしさ」というものを思い出すために。


生命力が開花する、癒しのスマホ写真教室

様子をブログで紹介しています